人気ブログランキング |
日本でいちばん熱い日々の分室
gobucks.exblog.jp
Top
<   2006年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 05月 31日 |
ヤクルトのルーキー、飯原誉士(いいはらやすし)選手は白鴎大学から初めてのプロ野球選手です。
実はこの飯原選手、高校は小山高校、中学は市立桑中と、プロ入りするまで地元の小山市を出たことがないという、いまどき珍しい選手です。
そして、中学時代にマリーンズの成瀬くんと(多分)一緒にやっているということは、あまり知られていません。
成瀬くんが1年生のときに飯原くん3年生のはずです。

そんな二人の対決が、意外と早く実現。飯原くん9番レフトでスタメン、成瀬くんは3度目の先発です。
今日は試合の展開よりも、この二人の対決のほうが気になってたりして。。

第1打席は2回表、1死ランナーなしで見逃し三振。落ちる球とストレートをコントロールよく混ぜて、最後は138㌔外角まっすぐで仕留める。
第2打席は4回表、2死2塁の場面。2球続けて外にはずれた変化球の2球めをうまく捉えてタイムリーヒット。
三振とタイムリーですから、今日の勝負は飯原先輩の優勢勝ちということでしょうか。

この対決もそうですが、他にも成瀬くん3年のセンバツ決勝の相手、広陵高校の西村選手(現讀賣、こないだの日曜日に先発してた彼ですね)とか、もちろん横浜高校のひとつ後輩で西武の涌井くんなど、これから対決が楽しみな選手がたくさんいます。
涌井くんは別として、セリーグに進んだ選手との対決は交流戦ならではですから。

さて、試合はというと・・・
よく同点まで追いついたものですね。大負けを接戦まで持ち込んだのは偉いです。でも劇場さんを2イニングも投げさせちゃって良かったのかな?明日は久保くん、出来不出来に関わらず完投ノルマっすか。
成瀬くん、序盤の3失点がなければそこそこ良かったかな?あと1回は投げるとこ見てみたいです。
あとミラーはどうなんでしょう。もっと違うシチュエーションで投げてほしい気が。
まぁ中継ぎを浪費したのはウチもヤクルトさんも一緒なので、明日は壮絶なノーガードの殴りあいですか?
2006年 05月 30日 |
ここまで交流戦をリードしつづけてきたヤクルトと、やっと初対戦。
それにしても、なんか日程偏ってるね。タイガースなんか雨野完全試合がなければ、もう終わってたんだし。

で、きょうは早々に試合が決まってしまったようです。
初回2回で3点ずつ。
こういう試合って逆に投げずらいんでしょうけど、晋吾はきっちり完投してくれました。
薮田神が抹消になったので、中継ぎに負荷をかけない先発は本当にありがたい。
抹消といえばこーすけも。ピッチャー2人下げて、あげたのがルーキーの相原1人だけ。

明日はどうするんでしょう。今日は沈黙してたとはいえ、恐怖のヤクルト助っ人右打線に、成瀬くんは太刀打ちできるのか・・・
2006年 05月 30日 |
月曜日から終電落ちました。

明日9時出社ですが、起きれるのか自分。
ここから会社まで歩いて1分ですから大丈夫とは思うけど。
2006年 05月 28日 |
c0019173_2114410.jpg
交流戦が始まって、東Dで4試合負けなしのマリーンズ。あとひとつのホームゲーム、長野でもマリーンズは圧勝してます。
讀賣は何かの呪縛にかかってるようです。
今日は満を持して俊介先発。今日は初安打を見れるのか。勝敗よりそっちが気になったりして。
まずはバットに当ててくれ、と叫んでたら早速、第1打席でファール。凄い歓声が上がりましたね。この打席は三振でしたが次の打席はセカンドゴロ。徐々に前に飛んできました。
そして第3打席。0-1からの甘い球を打った!打球はライト前へ。遂にプロ初安打!!
しかし続く西岡くん、当たりは良かったもののサード正面。ん~惜しい。

今日はいろいろな対決が堪能できました。
こさっちのタイムリー。そして何といってもいすんよ。
俊介は絶対に抑えたい、いすんよは何がなんでも打ちたい。本当に痺れる瞬間でした。あそこで打てるいすんよはやっぱり凄いですわ。

しかし昨日に続いて、よく飛ぶ球場ですね。
9回豊田の代わりばな、まさに初球を叩いたこーいちさんの1発には驚きました。
まぁ、あれでスイッチ入ってしまったわけで。ここでコヨーテ?と思ったんですけど、本物を見せてあげることができてよかったですね。
劇場のひとはセーブがつかないと見るや、手を抜いたのか3人で仕事を終えてしまいます。あんまり長引かせるのもどうかという配慮ですね。
これで讀賣のホームゲーム6連勝。交流戦全体でも8勝1敗。その1敗というのも、このいわくつきの試合ですからね。

発売日に脅威のくじ運で引き当てたビジター応援席3列目は、ほんとに最高の席でした。
今江くんの打球は頭のうえを越えてスタンドに入っていきました。こんなHR見るの初めてかも。

きょうの写真
2006年 05月 28日 |
c0019173_17303151.jpg

3列目なので眺めは抜群
2006年 05月 27日 |
c0019173_18435138.jpg

プレミアムモルツうまー

え、試合?一応観てますよ・・・


※追記※
まぁ、このスタメンでよく勝てたと思いますよ。
ボビーも徹底的に左右に拘りますからね。
代打大松→ピッチャー右の久保から左の林に交代→代打の代打に大塚、てのもありました。
あそこは個人的に大松で行ってほしかったんですけど、どうなんでしょう。
で、そんなこだわりのスタメンで、そろそろ見限られてもいい頃のイタリア製扇風機パスクチですが、そんな頃合いを見計らうように打つんですわ。
あとサブローも、やっと調子が出てきたのかな。
どうもこの2本、からくり屋敷っぽいと言えなくもないんですが。

それにしても、いすんよに打たれるとは。。
投げとけばいいコースも、投げちゃいけないコースも判りきってると思うんですけど。
まぁ、ここで食い止められたからその後の反撃も間に合ったわけですので。

で、今日の圧巻は藤田の牽制。ホントに見事に刺してました。代走が刺されるってどうよ。
あと、10回の根元くんはエンドランかかってたんですね。西岡くんの足を警戒していたことも効いてましたね。そこから福浦ベニーさんで試合を決めてくれました。
最後は劇場様がいつも通り普通に4人で締め。なにげに、いすんよに打たれてるんですけど、これも演出効果なので想定内です。

ホークス・ライオンズが負けたので、ゲーム差ひとつ広げることができました。
いつの間にか30勝+貯金9ですってよ奥さん。
こないだまで4位争いしてたのに。

しかしヤクルトが負けないんですわ。。。

きょうの写真
2006年 05月 26日 |
超接戦のパリーグ首位のマリーンズと、序盤の貯金で辛うじて首位に留まっている讀賣が遂に対戦。
去年は宏之がスラッガーぶりを披露したり、10点取って9点取られたり、といろいろあったものの、長野と東Dで3タテという最高の展開でした。
今年はホーム・ビジターとも週末のカードになり、チケット争奪戦はかなり困難を極めた模様。

今日の先発は宏之とJP。
去年の交流戦MVPを獲得した宏之は、今年も交流戦と相性がいい様子。JP、、、あんまし印象ないんだよなぁ、良いほうにも悪いほうにも。でも讀賣では絶好調。
そのJPは初回、いきなりストレートの四球で歩かせた相手が悪かった。西岡くんは3盗まで決め、福浦のサードゴロの間に一気にホームを陥れて先制。
しかし、すぐに1点を返されてしまうがその後は宏之ががっちり抑えて援護を待つ展開。
3回、2死からマティと福浦が連続ヒット、ここで4番大松です。完璧に捉えてライトスタンドへ。ほんとにここ一番で結果を出すね大松。4番に据えた采配がずばり的中。
5回には宏之が自らを援護するヒットで出塁。これを足がかりに無死満塁!あぁ満塁怖い。
と思ったら福浦があっさりタイムリー。続く大松はぼてぼてのファーストゴロをいすんよが悪送球。これで2人帰って7-1。
その後、単発を浴びるものの122球完投。宏之このカードは滅法強いね。

それにしても、いすんよへのブーイングはすさまじいものがあります。
今日はうちに帰ってきてビデオで観たんですが、これ現地ではどんな感じなんだろう。
あと、福浦やベニーさんの時、バックネット裏のお客さんのリアクションが面白かったです。「おおっ、なんかおもしろい応援やってるぞ」ってな感じで思いっきりレフト方向に気をとられてます。
2006年 05月 25日 |
そろそろ一矢報いたい今日のマリーンズ。
実はものすごく安定して調子のいい久保くんですが、やっぱりよさげです。
その好投に応えるべく、智也が3ラン!やっと美味しいところで1発が出ましたね。
久保くんは7回1失点。8回は薮田神が締めて、いよいよ9回。

昨日は3人で抑えてしまったので、劇場フラグが立ってたんでしょうか。
いきなり桧山に軽く中前、続くシーツにセンター深く持ってかれて1点差。無死3塁。
打順はアニキ、おさむちゃんですよ。どう考えても良くて同点、逆転も大いにあり。
久保くんの物凄く不安そうな表情が印象的でした。
しかし。アニキの二遊間を抜こうかという当たりを守備固めで入ってた根元くんが横っ飛びのファインプレーで押さえ、濱中の打球は西岡くんが巧く捌いてあっさり2死。
最後は片岡に右線のファールでひやひやさせられながらも空振り三振!

なんつーか、あれですね。
もう何度も言われてるけど。わざとでしょ、絶対。
同点に追いつかれてその裏にサヨナラ、というシナリオはもう飽きたので、今度はじらしながら寸止めという高等な戦術ですか。
今日も「アウト取れそうな打者を選びながら」の結果ですか。
まぁ、勝てば良いんですけど。心臓に悪いことは間違いないので。

そういえば、神宮でガトームソンがノーノーやったんですね。
素敵なサムシング恐るべし。
2006年 05月 24日 |
満塁で打てない病の特効薬。。


ほんとに、なんで打てないかなぁ。
無死満塁から無得点ってありえないでしょう。

そしてマリン初登板の成瀬くん。
初回がすべてになってしまいました。
もういっぺんチャンスがあるかどうか判らないけど、めげずにがんばれ。
2006年 05月 23日 |
両チーム白いユニって、高校野球みたいですね・・・

井川も久保田もいいピッチャーですわ。
福浦を敬遠しないで真っ向勝負。痺れましたよ正直。
まぁ前半にもうちょっと点取っとけば判らなかったと思うけど。

で明日は、、、成瀬くん!?えええええっ!?
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon