日本でいちばん熱い日々の分室
gobucks.exblog.jp
Top
<   2005年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 12月 31日 |
あっという間に今年もおしまいです。
自分の応援するチームが、リーグを制し日本一を獲り、アジアの頂点まで上り詰めていく過程をリアルタイムで目撃できたのは、本当に幸せなことでした。

信じ続けていけば、いつかきっと道は通じるものです。
「失くしかけた夢をもう一度だけ思い出そう
 信じ続けるものはきっと救われる」(詞・谷村由美さん)

来たる年も、信じたものを信じ続ける勇気を持っていられますように。
全ての皆さんが健やかでありますように。
[PR]
by torys180 | 2005-12-31 23:28 | 全般 |
2005年 12月 31日 |
c0019173_4315172.jpg

札幌駅地下街で発見
うちの居候とは何の関係もありません。
[PR]
by torys180 | 2005-12-31 12:30 |
2005年 12月 30日 |
2004年 12月 30日  (無題)

Bucksが好きだ。

いつもお金と練習時間が足らなくて、四苦八苦しながらリーグに参戦しつづけるBucksが好きだ。
そんな苦労は見せずに、試合中は果敢に攻めていくBucksが好きだ。
いつまでも勝ちにいくことを諦めないBucksが好きだ。
そんなBucksが勝つ瞬間に、選手と一緒に喜びを分かち合うのが、いちばん大好きだ。

これからも、ひとつでも多く勝ちにいくこと、勝ちにいくことを諦めないBucksを見つづけたい。
いつまでも、どこまでも、諦めないで一緒に戦っていきたい。
石ころばかりの、険しくて先のよく見えない道だけど、このチームと一緒に歩いていきたい。
いつかきっと、報われる日が来ることを信じていきたい。

このチームを信じていくことを、絶対に、諦めたくない。


このエントリーを書いてから1年たちました。
あの時の気持ちと全然変わっていないのですが、Bucksを取り巻く環境もあの時と全然変わっていないことに、同時に焦りと苛立ちを感じずにはいられません。

来るべき年が、BucksとBucksを愛する全ての人々にとって、幸せでありますように。
[PR]
by torys180 | 2005-12-30 23:30 | 鹿狂的 |
2005年 12月 29日 |
c0019173_9542146.jpg

マリーンズ観戦仲間の納会に行ってきました。
毎日毎日乗り降りしている巣鴨なのに、実は地蔵通り商店街には足を踏み入れたことがなかったんです。
その地蔵通り商店街の奥深くに佇む定食屋さん。知らなければ間違いなく見落としそうな風情。
定食屋さんなのに、居酒屋のように一杯やりながら肴をつつくお客さんも多く(我々だ)、とにかくリーズナブルなことも相まって大繁盛。勿論どれも旨い!
来年は是非お世話になりたいお店。
[PR]
2005年 12月 26日 |
1.やけに座席には恵まれていた
行きは時刻表に744の表記だったため全然期待せずクラスJにアップしたのだが、発券された座席は「81K」。
タラップの先にある機材は777。乗ってみたらスーパーシートじゃあありませんか!この多客期、機材繰りの都合でレインボーセブンが回ってきたようですが、もとJAS好きにとってはこの上ない幸運。
帰りは散々な延発だったものの、早目にチェックインしたことが奏功したのか、アッパーデッキ通路側を確保。しかも「61C」って最前列じゃん。深夜のフライトも足元伸ばし放題でかなり快適に。

2.デジカメが・・
日曜日、そういえば選手の写真を全然撮っていないことに気付き、また、苫小牧限定の王子横断幕も多数掲出されていたのでそれらを記録しておこうと撮りはじめたんです。
2・3枚撮ったところ、急に液晶画面が今まで見たこともないような消えかたをして、その後全く起動しなくなってしまいました。。。
電源系のトラブルではないかと思われますが、光学10倍の機動力満点コンデジなのでなんとか治ってほしいもので

3.ディープ・・・
有馬で玉砕された方は大勢いらっしゃると思うのですが、今回は6番から馬連総流しという姑息な手段を使ったので「これで誰が入っても取れる!」と意気軒昂。
レースの結果を聞いて、いざ馬券を確認しようと思いきや・・・馬券が見つからない!?
単勝6番とか外れ馬券はたくさん見つかったのですが、肝心の流し馬券が行方不明。
まあ取ったのは馬連の800円ですけどね。
[PR]
by torys180 | 2005-12-26 23:34 | 鹿狂的 |
2005年 12月 26日 |
1930 雪のため30分遅延の旨アナウンス、中断していたチェックイン再開。
2030 使用機材が到着していないことが判明。この時点で2100出発は不可能に。
2100 機材は着陸したものの、駐機場まで自走できず立ち往生している旨アナウンス。
2125 やっと機材が到着。しかし雪は凄い勢いで降っており欠航もありうるとの話。
2145 後発のJL1038に続き、JL1036もフライトの方向で準備中とアナウンス。雪は小康状態
2200 2220出発予定との搭乗案内。
2215 やっと搭乗。
2255 定刻から2時間25分遅れで離陸。
2415 羽田着。

とりあえず飛んでくれただけよかった。
新千歳に足止め食らったら、明日だって飛べるか判らなかったし。ちなみに明日も荒天の予報。

※追記。
ANAさんは若干でも足代だしてくれたそうですが、JALは一切なし。
大体、羽田から板橋の自宅までタクったら幾らかかるか想像しただけで気分悪くなったので、速攻泊まりを選択しました。
機内用の毛布借り放題、第1ターミナル北ウィング到着ロビー寝転がり放題で、とっても素敵な一夜を過ごさせていただきましたわ。
まぁ警備員さんも定期的に巡回してくれてたみたいですから、ある意味安全な夜明かしだったわけですね。
ああゆう環境が受付けられない人にはキツイと思いますが、自分はどこでも寝れるタイプなので全然おっけーでした。朝5時にターミナル開門で起きざるを得なかったのがキツかったくらいで。
[PR]
2005年 12月 26日 |
c0019173_0314881.jpg

でも、もう何処にも行けないし
[PR]
2005年 12月 25日 |
c0019173_22173721.jpg

でも羽田で夜明しする可能性大
[PR]
2005年 12月 25日 |
c0019173_2157710.jpg

ただの(略

定刻2030のJL1036、駐機場にひっばられてきたのが2120過ぎ。やっと荷物の積み下ろし中といった按配。
いまなら雪は止んでるからチャンスだ!飛べ!飛べ!いまここで(ぉぃ
[PR]
2005年 12月 25日 |
c0019173_18134116.jpg

ので札幌駅ナカでひっそり祝杯
てか、まだ飲むか
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon